2018年11月01日

花の色

花の写真をとっていて思ったのですが、花を地面に直接飢える場合、
その色合いも考えながら飢えて行かないと綺麗に並ばない時がありますね。
例えばわかりやすくチューリップをうえるとしましょうか。
黄色いチューリップの隣に赤、次は青、、、(青なんてあったか??まぁいい、
なんてやっていけばいいけど、色がおかしい組あわせだと写真をp取る時になんていうかちぐはぐです。
とはいえ、綺麗なんですけどね。

鉢植えの場合は、綺麗に見えるようにハチを並べかえたらいいわけで。
ハチは重くないことを前提にしてますけどね。
(うちの鉢植えは重くて私のチカラでは動かない、、、出来ても腰が痛くなるんです)

なのですが、さきほどチューリップを例にしましたけど、
チューリップのキュウコンが「これは黄色」「これは赤」なんて書いてあったらいいけど、
普通は分からないわけです、こうなるともうどうしようもない。
だからチューリップは鉢植えがいいのかな、なんて。

花の色を考えてガーデニングしてる人だって多いはずですけど、
それって長年のカンとかセンスとか。
初心者(じゃないけど)とか、センスのない人がガーデニングしてもそれって「・・・・・」なわけですね。

ガーデニングする時には扇子をみにつけてからやりましょう。
また業者に頼むときもその人のセンスがどんなかちゃんと見てからお願いした方がよさそうです。
仕事としてやってる人はちゃんとやるでしょうけどねー。

2018年10月01日

有名になると近づいてくる

有名に・・・っていうのはちょっと言いすぎだけど、なんていうか人気者になったり、
芸能人だったら売れたりしてくると、周りに人が集まってくる。
これって何を期待してるんだろう?
なにかおごってもらえるとか笑?
まさかね。
仲良くなりたい?それでどんないいことがあるんだろう?

さて、この度、ちょっと有名になった知り合いがいまして。
その人を紹介して、ってメールがきました。ハッキリとは書いてないけど、そういう趣旨のものでした。
どうして?
あなたとあの人との共通点は?
私が仲がいいからって、ただそれだけのことでしょ?
どうやって引き合わせたらいいの?
あの、、、あなたが有名になったから会いたいって言ってる人がいまし、って言うの?
そんなことで会ってくれるとでも?
有名な人、人気者と近づきたい気持ちが良く分からない。自分がその人を尊敬してるならそれでもいい、でも、有名になったとたんに近づくのはスマートじゃないと思うよ。
もう少したってから、、、とか、
もっといえば、ほとぼりが冷めた頃でもいいのでは?
有名さが薄れていったらもう合わないの?
それも言わなくてはいけないのかな?

有名な時は好きで会いたかったのですが、今はそうでもないのでー・・・って?
下積みの時から応援してた人が、その対象が有名になったとたんに捨てられる、
っていう逆のパターンもね、、、いただけないね。
そんな人ばかりで困りますね(!)。
有名になんかなるものでもないね、本当にそう思います。

2018年09月01日

キノア大好き

どんなヘルシー・フードも試すのですが、そのなかでも最近はモリンガとキノアが大好き。
といっても一時的なものではなくて、ずっと続けています、続けていきます。

キノアっていうのは食用種子のために栽培される穀物で、
KEEN-wahと発音されています。(カタカナではキノア、でいいと思う)

それは実際には穀物ではなく、シリアルの一種です。
それは基本的に、種子と同様に調製されて食べられる「種子」なのですな。

キノアは当時のインカ帝国の重要な作物でした。
彼らはそれを「すべての穀物の母」と称して、それが神聖であると信じていました。
数年前に流行になり、「スーパーフード状態」に達したに過ぎないけど、
南米では何千年も消費されてきたものです。

最近では、世界中のキノアとその製品、特に自然食品を中心とした健康食品店やレストランでキノアとその製品を見つけることができます。
少し高いかもですね。
でも、美味しいし、健康にいいし、いろいろなものに仕えるので我が家では常備されています。
何か作ったらまた紹介していきまーす。

2018年08月01日

聞き取れない単語

映画を見ていて、どうしても聞き取れない単語があったらどうしますか?
聞き取れないんだから調べようがない。
話しの流れでなんとなくそうなんだろう、ってだけで私はスルーですが、
あういうのってどうしても知りたくなったらどうしたらいいんだろう。

字幕がない映画の場合です。

前回見た映画にもありました。
それは「未来を花束にして」でしたが、モードのお母さんがどうして早くに亡くなったのか、
など話すシーンで、病名がいっぱいでてきてました(おそらく病名)
それが聞き取れなかったーー。

誰か知っていたら教えてくださーい。

物語の始まりは1912年頃の洗濯工場から、でした。
キャリー・マリガン演じるモードは、そこで生まれ、
ものごころついたときからそこで働いている24歳の女性で、
母親も同じ工場で働いて父親のわからないモードを産み、
若くして亡くなりました。

(ここが知りたかったところ)

洗濯工場といってもピンと来ないかも知れませんが、
映画「あなたを抱きしめる日まで」でもわかるように女性の過酷な労働を象徴する場所なんですね。

「あなたを抱きしめる日まで」は、ご覧になりましたか?
あれも昔のイギリスを象徴するかのようなお話しです。
涙ものですよー。

どちらも是非見てみてくださいね、いーい映画です。
ついでに歴史も学べます。

2018年07月01日

何してる人なんだろう?

フェイスブックで知り合った人が、いつも昼間から飲んでいたり、
外食の写真をアップしているんです。
最初は居酒屋みたいなとこで働いてるのかなって思ったんですけど、
。。」分からない。何してる人なんだろう。

じっさいに合えたら聞くけど、フェイスブックで聞く事じゃないもんね。
会った事ないし。
とはいえ、いちど、会えそうになったことはあります。

旅行先が同じだったので、ではホテルで会いましょう、だったのですが、
私が渋滞で遅くなってしまい、お出掛けした後でした。
合えなくて残念。

でもメッセージを残し、また連絡、、というかフェイスブックでの友達は続いています。
毎日のように流れて来る食事の写真。

レストランとかではなく、居酒屋って感じのものです、お酒も飲む人みたい笑

まーね、詮索するつもりはなく、ただ、なんだか不思議で。

あった時にゆっくり話を聞くとしますか!
その方が楽しくていいですもんね。

2018年06月01日

マグで手を暖める

手足が冷えやすいのですが、暖かいティーなどをマグで入れて、
しばらくそれを手で温めていて、、、あー幸せーーー、って思ったのです。
マグで手を暖める、、、こんなことで幸せを感じる。

しばらくはこれだけで幸せを感じる事ができそうです。

こんなことで、、、と思うが・・・笑

ティーやコーヒーを煎れたマグって、直接だと熱いんだよね、
だからスタバなどのお持ち帰りカップ、紙のカップって相当工夫されてるらしい。
そうでしょうねーー、熱かったよ!直接は!

着てる洋服の袖でくるんで手を暖めましたが、これで安心だし、暖かい、
そして小さな幸せを感じることが出来るなんて、、、いいじゃないか!

マグとティーだけですもん、楽でしょ。

これも、、、手足が冷たい冷え性のおかげか(!)。

冷え性直したい・・・・・泣
長年の夢です。

2018年05月01日

実話を基にした映画

最近、実話にもとづいた映画にはまっています。
たくさんありますよね。
シンドラーのリストとかね。

今、見たいと思ってるのは「ホテル・ルワンダ」。
なんだか無性にみたいのです。

あらすじとしては:
近年、ルワンダ共和国では、フツ族とツチ族の民族闘争が続いていて、
ヨーロッパ資本のオテル・デ・ミル・コリンの支配人ポール・ルセサバギナは、
そんな中でも影響各所への付け届けを細めに行っていて、
争いに巻き込まれないよう上手く立ち回っていました。

でもフツ族の大統領が暗殺されたことで情勢は悪化。
政府とフツ族過激派によるツチ族虐殺が開始されて、
ポールも予断を許さない状況になる。

ポールはフツ族だが、彼の妻はツチ族だったのだ。
彼らの結婚は、フツ族過激派のカンに触るものだったのです。

難しいけど、見たら理解できると思うんだ。

歴史もの、実話のものって、それを見て理解すると、賢くなった気になりません?
かすこくなりたいから、絶対これも見たいと思う。

2018年04月01日

良い時は人がよってくる

人って、成功者が好きですね。
成功してる人、お金持ちの人、というのに集まりやすい。

少し前だと、ブログでランキング上位にいる人と近づいてみたい、とか。
いろいろあって、それをやっていている人がいます。

ある人の話だけど、すごいお金とっているセミナーに行っても、なにもつかめなかった、ということです。
人によるのだとも思うけど、お金払ってもいい事が聞けるとは思えない。
でも、その人は、なんとなく波長があった人とお茶したりご飯を食べたりしただけで、
みるみる仕事がうまくいくようになったのですって。

そんな集まりからの話でのヒントがうまくいったんですって。
なので、特にお金かけてセミナー受けなくてもいろいろなシーンで
いい言葉をかけてくれる仲間とか、そういう集まりも有効であると。

そして、その人がうまくいき始めたら、周りもだんだんと寄ってくるようになってきたとか。

ただその人は、そこから集まってきた人はあまり相手にせず、
相変わらず自分のことを知らないような、自然に集まった人ととの時間を大事にしてるんですって。

これ、いいなー、って思いました。

こういうほうがいいじゃないですか。
良い時に寄ってくる人はなにか野心があるんだろうなって思います。
友達は選べますね。

2018年03月01日

ヘアケア商品

バリ島で女の子がこぞって買うのが、エリプスっていうヘアケア商品。
本当にいいので納得です。

知ってます??

このエリプスというのはインドネシアのKINOという会社の作ったヘアケアのブランドラインで、
ヘアビタミン以外にも、ヘアマスクやボトルタイプのトリートメントが発売されています。

KINO社って1991年に流通会社として設立されて、
後にスナック菓子やボディケア用品のメーカーとして成長していきます。

2004年にはマレーシアで支店を開設して、
現在はフィリピン・シンガポール・ブルネイ・ベトナム・ミャンマー・オーストラリア・中東やアフリカと大規模に展開しております。え
っへん、すごいのだ。

このエリプス・ヘアビタミンはアジア全土で大ヒットして
各国のスーパーやドラッグストアなどの量販店で売られており、
品質は国際基準を満たしておりますが、
残念ながら日本では未発売で、量販店などでは手に入りません。

以前は100均でも変えたようですけど、今は手に入らないみたいです。
残念!

でもバリ島で安価で売られていますのでね、是非来て購入してくださーい。
他にはない良質なヘア・ケアですよーー。

2018年02月01日

働くという事

働くという事は素晴らしい。
それでそれがお金になるのが仕事、だと思います。
でもこの働く、ということ、つまり労働力というのをお金に換算するのは非常に難しいですね。

働くということの定義は財・サービスという生産物を作るために投入される人間の能力。
肉体的なもののみならず、知的なものも含むのだ!!

そうなんです。
知的なものも含みます。
ここを勘違いしてる人もいて困る。
そういう人は理論で行ってくるから腹がたつ。

まるで自分ひとりだけが働いているかのように言うのです。
周りだって働いています。なにをもってそれを言うのかさっぱり分からない。
自分は能力があるからもっとお金をくれ?
お金ですか欲しいのは。

嫌な人ですねー。
労働というのはそこだけではないのだ、分かってないなー。
とにかく、嫌な人と言うのはいるもので、周りとの調和がとれないのなら、
それなりの対応になる、ってことですね。
ちゃんと考えた方がいいです。