2021年08月01日

自宅ワークで

自宅ワークになってもう長いけど(会社に言ってる人もいるでしょうけどね)、
家で仕事してると、ペットが邪魔をしてくるってこともあるようです。
ねことかね。。
猫ちゃ机の上にやってきては「仕事しないで遊ぼうよー」みたいなのとか。
「何してるの?」ってやってきたりね。
猫に癒されるけど、仕事はしなくちゃいけない、、このジレンマ。
最近はユーチューブとかツイッターもこう言うのの投稿が多いみたいです。
ペットはかわいいね。
でも仕事しなくちゃね。笑

あるひとのツイッターかな、、、の、投稿に、必死にオーナーのコーヒーカップを動かす猫の動画がありまして。
すごい可愛かったです。
コーヒーをどうぞ、の意味と、それ飲んだら遊んでね、みたいな感じ。
結局仕事ができない。いやそれじゃ困るんですけどね。
色々な人の家の中も垣間見れて楽しい動画ですが、部屋の中が汚いとちょっと「う!」ってなることもある。
ペットを撮るときはそこも注意しましょう。

2021年07月01日

写真でもわかる

写真でもわかる、というよりは、遠目でもわかる、っていったほうがいいかもですが、
あるひとの写真を見て、随分痩せたなって思うことがありました。
えっ高年齢入ってるので、あまり痩せられると大丈夫かなって思うのです。
年取ってから痩せると、変な言い方ですけど、醜い(!)ですね、太っているほうがいい。
そんなこと言われても、、でしょうけど。
顔にシワはできるし、元気がないようになってしまうからね、太っていたほうがいいよーー。
痩せたい・痩せたい、っていうのは若いうちだけ。
若い時はすぐに痩せていくからね、まだいいです。
年齢いってから太ることの方が大変ーーー。
でも太っていたほうがいい(しつこい)。
写真でわかる細痩せてしまうと、こうして気になってしまう。
洋服もぶかぶかってね、、よくないです。
そういえばデイ夫人も相当な落としですけど、風呂ってるわけじゃないけど溌剌としてるから綺麗ですよね。
あれ以上痩せないほうがいい。
あのままでいてほしい。
写真でも遠目でも「痩せたなー」なんてことになってほしくない。

2021年06月01日

直美さん

おデブのキャラで有名で、今やアメリカでも活躍してるという渡辺直美さんってほんとうにすごいですね、、、何が、って、、、体重、、、あ、違う!、、、あの明るさ!
並大抵ではない。
だからこそ人気だし、体の大きさを逆に売りにして、でもファッションも素敵で、それが評価されてる、珍しいケースです。
そこにいるだけで明るくなるっていうからすごい。
あまりよく知らないタレントさんですが、知らないまでもあの体の大きさでやはり目立つのか、記憶に残ります。
そして、活躍ぶりも耳に入ってくるのはすごいと思うのです。
ほとんどテレビ見ませんから。
あんな生き方できたらいいですね!
周りを明るく幸せな気分にさせてくれる才能ってすごいんです!
あんな風になりたいなーー。
あ、、、体重は今の自分でいいけど。。笑

2021年05月01日

ピアノとかバレエとか。

子供の頃からピアノやってた、とか、バレエとか。
そして「子供にバレエ習わせてる」とか「ピアノに行かせてる」とか聞くと、即座にお金持ちだなー、、って思ってしまうのは、、、ゲスでしょうか笑
他の習い事に比べてお金持ちのイメージがあるし、実際、お金持ちかどうかは置いとくとしても、お金がかかる習い事ですよね。
習うだけではなくて、ピアノが家にあったほうがいいから買うかもだし、バレエの衣装とかも安いものじゃないです。
そこらへんにあるものでもないし。
やってる人に言わせると「そんなことない」っていうけど、そんなことない、、、はずはないのだ笑
親が頑張ってくれてた、か、自分も頑張っているかもだけど、でもそれができるってすごいこと。
子供が習いたいって言ったからってできるもんじゃないぞーー。
大体の親は「高い・・」って思って躊躇するはず。
自分だったら他の趣味に目がいくように仕向けるな、、笑
それでプロになれるわけでもないし。(わからないけど)
ピアノやバレエってそんなイメージでしょ??

2021年04月01日

そんなメッセージ、あるのかな?

イギリスのエリザベス女王が、ドレスの胸のところにつけるブローチにはメッセージが込められている、というのは有名だけど、本当かどうかはわからない。
意味はあるのかもだけど、「こうなんじゃないか」って記事なってるのが正解かどうかもわかっていない。
アメリカの大統領就任式で、ジョー・バイデンさんの奥さんが紫の服を着ていて、「あれにはこんなメッセージがあるのだ」っていうのもあったけど、そんなメッセージ、本当にあるのかな?
好きな色で、国民に愛されそうな、目立つような色を選んだ、ってだけだと思うんだけど。
あ、違った、副大統領のカマラさんだ、紫は。
いずれにしても、紫って黒人女性、とか、女性の差別化の省庁ではあるらしい。
こういうことを知っていると、逆に「こんなメッセージがあるんだ」って言えるのかも。
知らなかったら「わあツィみたいに「そうかなーー?好きなだけじゃない?」なんてなる笑
今後も色には注目しておこう、あ、ブローチにもね。

2021年03月01日

アバグネイル

フランク・アバグネイルと言う男がいる。
この人は、ディカプリオが主役をした映画「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」のあのフランクである。
刑事役はトムハンクス。この二人は、最後は良き友達になったんだけどね。
(あ、私生活は知らないよ、フランクと刑事、ね)
16歳から詐欺をしていたけど、それは、彼が身長が高くて老けていたから。
16才でパイロットの制服が似合う人なんている??すごいよね。
その体型を生かして、次は医者になりすましたり、弁護士になったり、、すごいよー。
絵うい画になるわけだよねーー。ストーリーが面白いもん。
さてこのフランク、刑に服している間に、司法取引を持ちかけられるのだ。
だって詐欺に関してはプロだし。
偽の小切手何yてすぐにバレてしまうのだ、自分はほとんど完璧なのを作っていたんだし。
そしてなんと結婚までして、子供もいます、3人。
フランクそのものも4人兄弟なんだよね、映画では一人っ子みたいになってるけど。
父親は裕福だったそうです。
立ち居振る舞いは父親から受け継いだもの。
フランクさんって、、なんか興味あるんだよねーー。好きだな、こういう人。

2021年02月01日

生まれながらに・・

生まれながらにして、一生お金には苦労しない人もいます、、皇族がそうですね。
もちろん大変なお仕事(ご公務)をしているのですがそれでも、周りに色々な日違いて、そして、公務をこなすと、食べることには絶対に困らない。
今後は、皇室を離れた女子にもそういうことがあるのだとか。。
問題になっているマコ様もそうみたいで、年間にして600万円くらいの稼ぎになるとか。
600万円って、一般の人には簡単には出ませんよ、、、今は。
生まれながらにして、、そういう運命なのです、いいですねーー。
好きな人と結婚したい、それはごく当たり前のことだけど、それでもあんなに問題になって、本人のことではないとはいえ、、なんか解せない。でもしょうがない。
気品を保って萌え¥らわないと日本のハジにもなるしね。
問題は、どうも小室さんのお母さんのようですし。
どこまで本当なのかわからないけど、あのお母さん、、なんか下品。
でもそこは隠して行けばいいのか、、w
幸せにはなってもらいたいけど、そのために税金が使われる、っていうのが国民の本音なんだろうなーー。

2021年01月01日

映画は実話?

この映画は随分前に見たんだけど、周りで最近見た人が多くて、、それで周りからいろんな意見が飛び交っていて、、、ちょっと面白い現象笑
そんな中、自分の意見も求められ、、、うーん、、tpね。
その映画は「私の中のあなた」というもので、お姉ちゃんを助けるべく生まれた、というこのお話です。
キャメロン・ディアスが出ています。
初めての母親役だったんですって。
なんかすごい話団とは思ったてけど、周りが今騒いでいるのは「これって実話tらしいのよね」ということ。
だ、、誰の??

この答えが出ないから騒いでいます、、、私にはどうでもいいことなんだけど。。笑
誰か知ってます?
実話だとしても、そうじゃなくても、すごい話です。

お姉さんは自ら妹にこのお願いをしていたんだけど、それは、自分の病気のせいで妹が悲しい思いをしていることや、家族がおかしくなっていることに苦しさを覚えたこと、何よりも、彼女は「死にたかった」のです。
すごい話でしょ?
まだ見ていない人は是非!
キャメロン・ディアスが丸坊主になりますよーー。

2020年12月01日

ジャニーズも変わってきたねー

SMAP騒動からジャニーズはだいぶ変わってきましたね。
ジャニーさんもなくなって、そのせいもあるだろうけど、タレントの退所が続いてるし、やり方も変わってきている。

またそうでないといけないとも思う。
効いてると、どうもジャニーズ帝国は本当にすごかったっぽいから。
元SMAPの3人はそれでも建材っぽいし、中居君も、退所しても番組は続投。ここがもう」違うよね。
ジャニーズを辞めるととことんテレビに出られなくなって落ちぶれていく、とは昔は言われていたけど、だんだん変わってきています。
顔出しにものすごい著作権を持ち出して出すことが出来ない状態だったけど、今それしてもダメでしょ、、出した方がむしろいい世の中ですよね。
こうやって変わってきたけど、今ジャニーズで活躍してるグループって、、、もともと知らないけど、、あまりいないような気もします。
出もまた今後出てくるでしょうし、事務所など関係なく、良いタレントはどんどん出てきてほしいですね。

2020年11月01日

法廷の話?

映画「ハドソン川の軌跡」を見ました。
クリント・イーストウッドなんですね、監督が。主役はトム・ハンクス。
実話だってこともあって面白かったのですが、内容の半分は「法廷の話?」ともとれる感じでした。
鳥がエンジンに入ることはよくあるというけど、両方のエンジンがやられてしまったのでどうしようもなかったと。
でも「飛行場に引き返せたはずだ」「いや、それは無理だった」というね、、そこが一時期問題になったらしい。
いやらしいねー、そんな人的ミスにしちゃって。
奇跡は奇跡でいいじゃないかーー。
結局は、やはりキャプテンはヒーローだったわけだけどね。
でも本人は「僕はヒーローじゃない」と言っているんです、これがまた格好いい。

あの状態であんな冷静に判断を下したキャプテンはすごい人なのだ。
認めてあげようよーー、最初からさーー。

カテゴリー

Powered by
Movable Type 3.38